会社員でアフィリエイトをやっている場合の収入は「雑所得」なのか「事業所得」なのか

会社員でアフィリエイトをやっている場合で確定申告をするときの所得の種類は、「雑所得」なのか「事業所得」なのか、このあたりがいまいちわからなかったりします。

よく、○円以上稼いだら「事業所得」にしなければならないとか、会社員であればすべて「雑所得」でいいとか色々な記事を見ることがあります。

そこで、会社員でアフィリエイトをやっている方が確定申告を行うときの所得の区分について、みなさんのご意見をまとめてみました。

まずは大手サイトのご意見です。
●A8.net
アフィリエイトで得た所得の確定申告について
<結論>
「雑所得と事業所得については、「継続的にある程度の収入があるかないかの違い」で異なります。」と記載されています。

●アフィリエイト協議会
個人アフィリエイターによる所得税の確定申告情報まとめ
<結論>
「事業所得はアフィリエイトを事業として行っており継続的に収入がある場合、雑所得はアフィリエイトは副業で取り組んでおり事業レベルの収入が無い場合」と記載されています。

これではよくわからないので、
ブロガーさんたちのご意見・ご見解を以下にまとめてみました。

●日本と愉快な仲間たち
サラリーマンが副業で稼いだ!そんな時の確定申告は?
<結論>
「基本的にサラリーマンの副業は「雑所得」となることが多いようです。」と記載されております。

●田舎発「ネットで稼ぐ」サラリーマンのブログ
【サラリーマン向け】副業の確定申告で使う経費一覧&会社にバレない方法
<結論>
「事業所得とは、「自己の計算と危険において独立して営まれ、営利性、有償性を有し、かつ、反復継続して遂行する意思と社会的地位とが客観的に認められる業務から生ずる所得(昭和56年最高裁判決)」とされており、サラリーマンは「雑所得」となるのです。」と記載されております。

●アフィリエイトと節税の自由研究
アフィリエイトは事業所得(青色申告)・事業所得(白色申告)・雑所得のどれを選べばいいの?
<結論>
「小遣い程度なら「雑所得」に、本業をやめても生活できるレベルであれば「事業所得」とすべき」と記載されています。

●いなつみ通信
会社員 副業アフィリエイターの確定申告基礎知識
<結論>
「問い合わせを行ったところ、「本人のメインの収入(会社からの毎月の給料)と同じぐらいなら”事業”といえるが、そうでないなら”雑所得”とみなすのが妥当」とがあったと記載されています。

●マネー報道 MoneyReport
サラリーマンとフリーランスで選ぶ様式は全然違うし青色申告も今からでは無理!
<結論>
「アフィリエイトの様な副業収入の場合には、事業所得ではなくて雑所得であげる方が良いそうです。」と記載されています。

●税理士法人インテグリティ
アフィリエイト-確定申告が必要な人
<結論>
「会社員の副業が事業所得として認められるのは非常に難しいと考えてください」と記載されています。

このように、サラリーマンの方で、アフィリエイトを行っている方の確定申告は、どちらかというと「雑所得」と考えている方が多いようです。

ただし、実際に事業所得として申告されている方もおりますし、税務署によっても見解が異なるようです。

ただ、「会社にバレない」という観点では、「雑所得」のほうがいいという意見もありますので、これらの状況やご自身の状況を踏まえて、確定申告を行っていただければと思います。

2 Responses to “会社員でアフィリエイトをやっている場合の収入は「雑所得」なのか「事業所得」なのか”

  1. sugakei より:

    こんにちは
    人気ブログランキングから訪問させていただきました。

    私もパートを続けながらネットビジネスを始めたので、
    税金に関しては気になっておりました。
    いろいろ勉強になりました。
    また参考にさせていただきます。

  2. ryouji より:

    いつもありがとうございます!楽しく読ませてもらいました。

    確かに稼いだお金は雑費になるのか稼いだお金になるのかわからない時がありました。

    今でもどの項目にあたるのかわかりません。

    勉強になりました。ありがとうございます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ