マイナンバーで副業がバレてしまうか心配だったので税理士さんに相談してみました

平成28年から本格的にマイナンバーが開始されるようです。

マイナンバーが開始されることの影響として、「副業がバレやすくなる」と言われることがあります。

僕も副業(アフィリエイト)が会社にバレてしまうのはすごく困るので、インターネット上で色々な情報を見てみたのですが、「副業がバレることはない」という安心できる情報もあれば、「副業がバレ可能性が高くなる」など不安な情報も見受けられました。

やっぱり安心してアフィリエイトに取り組みたいということもあり、少しお金はかかってしまいましたが、メールで相談できる税理士さんに聞いてみることにしました。

<質問>
マイナンバー制度が導入されることになりますが、企業側が労働者のマイナンバーを把握することにより、企業の人事担当者はどこまでの情報を見ることができるのでしょうか。企業側で会社以外の収入がわかるようなことはあるのでしょうか。

<回答>
人事担当者は、従業員のマイナンバーを国に報告する必要があるだけで、個人情報をそこから見ることはできません。今後も、人事担当者がマイナンバーをネット上に入力することで個人情報を取得できるような運用は、個人情報保護の観点からもなされないと思います。 確定申告で、副業の税金を普通徴収にすれば、住民税の普通徴収納税額や内訳を会社は見ることはできないので、そこからはばれないはずです。

この税理士さんの見解を踏まえると、しっかりと確定申告をして、普通徴収(自分で納付)の手続きがしっかりと完了していればバレる心配はなくて、これまで確定申告をすべきだったのに、確定申告をしてこなかったような人は、マイナンバーにより確定申告をしていないことがバレやすくなってしまうので、マイナンバーによる影響があるということになると思います。

とりあえずちょっとは安心しました~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ