アフィリエイトでいくら稼いだら確定申告が必要になるのか

アフィリエイトで一定額以上を稼いだ場合は確定申告をする必要があります。

確定申告すべきなのに、確定申告をしていないと、のちのち大変なことになってしまうので(延滞税などを納めなければならなくなるなど)、確定申告をしなければならない基準について知っておく必要があります。

会社員の方で、これからアフィリエイトを始めるという方の中にも、確定申告が心配で、アフィリエイトを躊躇しているという人もいるかもしれません。

僕自身もアフィリエイトを始める前には確定申告について不安になっていましたが、いざ確定申告をしてみると意外と簡単で、1回やってしまうと、そんなに時間をかけることなく確定申告をすることができるようになりました。

確定申告についてもアフィリエイトと同様に、「確定申告 アフィリエイト」などと検索すれば、図入りで説明してくれているブログがたくさんあるので、それを見ながら行えば誰でも確定申告を行うことができます。

それでは、本題の「アフィリエイトでいくら稼いだら確定申告が必要になるのか」に入っていきたいと思います。
ここでは、アフィリエイトの収入を「雑所得」とする場合を前提とします。

よく、「給料以外の所得が20万円を超える人」が確定申告をする必要があると記載されていますが、これは間違いではありませんが、正確な情報ではありません。

実は、確定申告を行う際に考えなければならないのは、「所得税の確定申告の基準」と「住民税の確定申告の基準」が別々にあることを理解する必要があります。

「なぜ住民税で副業が会社にバレてしまうのか」でも紹介いたしますが、会社に副業がバレる原因の多くは住民税によるものと言われています。

ですから、住民税の仕組みついて理解することは、会社をやめずにアフィリエイトを行う方にとって非常に重要なことになります。

では早速考えていきましょう。
まず、このように考えると理解がしやすくなります。

給料以外で収入がある人は、
①所得税に関する確定申告(税務署に申告)
②住民税に関する確定申告(市区町村に申告)
の2つの確定申告をする必要があります。

ただし、①所得税に関する確定申告を行った場合は、所得税の申告を受けた税務署が、僕たちの代わりに市区町村に収入の状況を報告をしてくれるので、実際には①所得税に関わる確定申告のみでオッケーということになります。

この①所得税の確定申告の基準が、「所得が20万円を超える人」なのです。

なお、この所得とは単にアフェリエイトで発生した収入そのものではなくて、「収入-経費=所得」が20万円を超える人となっています。

例えば、アフィリエイトの収入が25万円あっても、経費が8万円かかっている場合の所得は、25万円-8万円=17万円となるため、①所得税に関する確定申告不要ということになります。

ちなみに、アフィリエイトによる所得が20万円を超えていない人も、医療費控除などをする目的で①所得税に関わる確定申告をする場合は、上記と同様に②住民税に関する確定申告は不要となります。

では、アフィリエイトによる所得が1円以上20万円以下の人はどうすればよいのでしょうか。

実は、お住いの市区町村に②住民税にする確定申告をする必要があるのです。

具体的な②住民税に関する確定申告の方法は、お住いの市区町村のホームページを確認していただく必要がありますが、「●●区、住民税、確定申告」などで検索すれば、②住民税に関する確定申告のご案内が出てきます。

ここで、ある区の②住民税に関する確定申告が必要な人の条件をよく見てみると、
・平成27年1月1日~平成27年12月31日までに収入があった人
・ただし、以下の人は除く
税務署に確定申告をされた人
勤務先から給与支払報告書の提出があり、他に所得のない方

つまり、アフィリエイト所得が1万円以上20万円以下の方で、①所得税に関する確定申告をしていない人は、②住民税に関する確定申告が必要と読めます。

まずは、①所得税に関わる確定申告と②住民税に関わる確定申告の違いについて、ご理解いただくことが重要になります。

One Response to “アフィリエイトでいくら稼いだら確定申告が必要になるのか”

  1. 雑所得で行く場合、という話ですね。参考になりました。
    事業所得(専業になっちゃうのかよく分かりませんが)に
    すると、基礎控除額その他がしっかりあったりするので、20万円
    という額面では無いですね。

    出来れば、住民税と身バレの関係、しっかり聞きたかった(^^;
    これからも頑張って下さいね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ