サラリーマンが副業としてアフィリエイトを始めてばれない?

サラリーマンが副業をしてはいけない理由は?

多くの会社ではアフィリエイトに限らず副業を禁止していて、その理由を幾つか挙げてみました。

・会社は毎月固定給を支払い続けることで本業に注力して欲しいと考えている
・社外のトラブルやスキャンダルで株価が下がるのを恐れている
・社員の疲れが溜まって仕事に悪影響が及ぶのを避けたい

実質的には全面的に禁止することは法律上では認められておらず、就業規則によって会社が介入するのは許されません。

それでも、疲労で本業に差し支えたり本業と副業が競業関係になったりすると、副業の禁止が有効となります。

サラリーマンが副業としてアフィリエイトを始めてばれないの?

サラリーマンの中には副業の方法ではなく、「会社にばれないのか?」と不安を抱えている方は少なくありません。

正社員の副業がばれて、会社に残るために副業を辞めるか退職するかという選択を迫られる人も実際にいます。

なぜ副業をして会社にばれてしまうのか理由を見ていきましょう。

①サラリーマンの場合は会社の給料から所得税や住民税が源泉徴収されている
②毎年役所から会社へと課税通知書が送られてきて給料から天引きされている
③アルバイトをすると役所はトータルの年収で会社に知らせる
④住民税の支払い過ぎによって会社へとばれる確率が高くなる

このような仕組みになっていますので、雇用関係が発生する副業には注意すべきです。

「アフィリエイトによる副業であればばれないのでは?」と考えている方は多いものの、雑所得が20万円を超えている方には確定申告の義務があります。

住民税や事業税に関する事項で「給与から差引き」を選択すると、会社側にばれやすいので気をつけなければなりません。

他にも、サラリーマンがアフィリエイトによる副業をしてばれる理由は下記のように幾つかあります。

・インターネットで検索して個人情報のプロフィールに行き着く
・FacebookなどのSNSで副業に関する内容を記載していた
・信頼している友人だけに話したつもりが上司にまで知られてしまった

ばれたとしても直ぐに懲戒免職になるわけではありませんし、職務専念義務違反を把握してあえて黙っていることも多いのです。

「組織として人員が足りない状況では副業をしていることが分かっても何も言わない」⇒「要らなくなった時にリストラ要因として確保される」というケースもあるので注意しましょう。

副業が会社にばれないようにするには?

副業が会社にばれないようにするには、確定申告のやり方を押さえておく必要があります。

給与から差引き⇒副業の住民税に関する通知が会社の元に届く
自分で納付⇒副業の住民税に通知が自分の元へと届けられる

確定申告には上記の2種類があり、自分で納付の普通徴収を選択すれば住民税からアフィリエイトの収入がばれる心配がなくなるのです。

マイナンバー制度の活用で過去に遡って副業を把握できるようになったので100%ばれないと言い切ることはできないものの、サラリーマンは副業の方法だけではなく会社にばれずにこっそりと稼ぐやり方も心得ておかなければなりません。

アフィリエイトやネットオークションは一般的なアルバイトよりも遥かにばれる確率が低く、豊富な知識とノウハウで稼げるようになりたいと考えている方には新世界アフィリエイトがおすすめです。

大まかに新世界アフィリエイトを購入することで、どんな内容について学べるのか見ていきましょう。

・売り込みをせずに商品を売る仕組みを構築するステップメール
・商品やサービスを販売するためのメルマガの作成方法
・コミュニティの形成法やプロモーションの打ち出し方
・人を魅了させるキャラクターの作り方

できるできないは人によって変わりますし、抽象度が高いからこそ個人で受け取り方や捉え方に違いがあります。

だからこそプラモデルを組み立てることで収入を得るアフィリエイトの情報商材とは異なり、別の視点から稼げるように目指すのが新世界アフィリエイトのおすすめポイントなのです。

・毎日あなたの元へとメールを送って知識ゼロの状態を抜け出してもらいます
・業界のトッププレイヤーと同じ知識やスキルを持つレベルまで到達してもらいます
・最低でも3ヶ月間は真剣に取り組んでもらいます

上記のように記載されている信憑性の高い情報商材なので、初心者の方は新世界アフィリエイトを利用してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ